2013年12月02日

踏み出す



何があったら,人は,一歩を踏み出すのだろう。コーチングはそのためにある,という人がいるが,僕はあまり信じていない。人を見くびってはいけないように思う。

その人が踏み出そうと思えば,いつでも踏み出す。そう思っていなければ,何十回コーチングを受けても,僕は踏み出さない。踏み出させない何かがあるなら,それが消えるまでは動かない。少なくとも,僕は自分をそう思う。

結局タイミングでしかないと思っている。タイミングは二つしかない。

ひとつは,内的なもの(内的要因)。

いまひとつは,状況や文脈(外的要因)。

それ以外にはない。そのタイミングを人が関わることで作り出せると思い上がってはいけない。たまたまそのどちらかがタイミングだったのだ。

逆にいえば,その機をどう見逃さないか,というのが重要なのかもしれない。

しかし,ただそうしようと思うだけでは何も動かない。一歩でも半歩でも,微動でも,動くことで事態が動く,波紋が怒る。バタフライ効果ではないが,何かが変わる。

その変化は頭でわかっても,動く動機にはならない。動くメリットでも,動く成果でも,動いた先の何かでも,たぶん動かない。動いた時の実感は,動いたものにしかわからない。

忘れていたが,もうひとつ,動かす動機がある。それは,動かす先か,動かそうとする人か,どちらかに強い関心がある場合だ。恋でも憧れでも,興味でも,好奇心でもいい。そのとき,

内的要因と外的要因がセット

で発生する。

そうなれば動く。動くこと自体が自分にとって意味かある。というか動かなくてはならないという衝迫がある。

あるいはそんな綺麗ごとでなくてもいいかもしれない。それをしなければ,飢え死にする,あるいは職を失う,恋い焦がれる,という(やむにやまれぬ)衝迫もある。

そうやって踏み出した結果,いやいや始めても,そのことが面白くなる,ということはある。

僕の場合,なりたくて始めたというより,社会人になって,職業として始めた編集という仕事だが,考えれば,すべては編集なのだ。もっと突き詰めれば,

情報の編集。

アイデアを発想するのも,仮説を立てるのも,企画を立てるのも,構想を練るのも,情報の編集作業に他ならない。

編集ということに熟知すればするほど,その作業の奥行きがはるかに遠く,深いことに気づく。考えれば,ものを書くという作業は,すべて編集といっていい。自分の過去の記憶の編集から,リアル世界の編集,情報世界の編集,虚構という世界の編集まで,幅と奥行きは違っても,編集というフィールド上にある。

そもそも情報自体が,(意識的か無意識的かは別にして)編集抜きに情報にはならない。

僕にとっても,いま編集という作業抜きには成り立たない。このブログも,フェイスブックの記述も,ホームページも,研修という仕事も,コーチングというワークも,すべて,同じ土俵ではないにしろ,フィールドは同じ情報の編集にほかならない。

その意味で,編集ということを,もう少し意識して方法論にしておく必要がある。

アイデアづくり,企画づくり,仮説づくり,問題解決づくり,ロジカルシンキング,

等々については,編集という視点で自分なりに考えたたが,思えば,情報の編集とは,情報の読みに他ならない。その視点で見ると,リーダーシップも,マネジメントも,チームづくりも,別の視界が開ける気がする。

情報編集を,

化学反応と置き換えてもいい。

多色刷りと置き換えてもいい,

織物と置き換えてもいい,

その意味では,人と人との出会いそのものが,編集作業に似ている。何度も触れた,

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11329057.html

清水博さんの,

「自己の卵モデル」

で言う,白身と白身の混じり合いもそれだ。

そういう意味では,自分にとっても,もう一歩も二歩も踏み出さなくてはならないことが一杯あることに気づかされる。

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm




#アイデア
#情報編集
#リーダーシップ
#マネジメント
#チェックリスト
#ロジカルシンキング
#仮説
#企画
#問題解決
#チームづくり
#ケースライティング
#コミュニケーション
#清水博
#自己の卵モデル
posted by Toshi at 05:22
"踏み出す"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: