2013年12月15日

視点


若い方の展覧会を拝見する機会があった。

http://gallery-st.net/takeyama/index.html

好対照で,一人ずつの話を伺うと,

具象と,何かを象徴的にズームアップすることとの両極を試している,

というのと,

身体の体感覚(ざわつきや感触,触覚)を音として感じ,それを色として表現する,
こころの状態を色として表現している,

という両者は,一見まったく別のようだが,

視点,

としてとらえると,実は共通する。

視点とは,物理的にか,想像的にか,見る(立ち)位置を示す。それは意識的でなければ,自分で操作できないが,その位置によって,見るモノの見え方が変わる。その意味では,見え方を左右するといっていい。

視点の変え方には,次の4種類がある,と僕は思う。

●位置(立場)を変える 
立場を変える,他人の視点・子供の視点・外国人の視点・過去からの視点・未来からの視点になってみる,機能を変える,一体になる・分離する,目のつけどころを変える,情報を変える等々

●見かけ(外観)を変える
形・大きさ・構造・性質を変える,状態・あり方を変える,動きを変える,順序・配置を変える,仕組みを変える,関係・リンクを変える,似たものに変える,現れ方・消え方を変える等々

●意味(価値)を変える 
まとめる(一般化する),具体化する,言い替える,対比する別,価値を逆転する,区切りを変える,連想する,喩える,感情を変える等々

●条件(状況)を変える
理由・目的を変える,目標・主題を変える,対象を変える,主体を変える,場所を変える,時(代)を変える,手順を変える,水準を変える,前提を変える,未来から見る,過去から見る等々

ところで,音を色として描くという方の話に,

視点をずっと近づけて,ミクロまで行けば,量子の世界になる,

というのがあったが,それは,視覚の捉える形が崩れていくということだ。形が崩れると,単なるドットの集まりになる。それを少し遠ざければ,色ということになる。

しかし,花を見ていて,少し引くと,花畑になり,更に引くと,色になる,というのと同じで,視点をどこに置くかで,アップにもなるし,ロングにもなる。その時カタチに焦点が当たるか,色の差に焦点が当たるか,おのずと変わる。

逆に,ものを全体としてとらえず,部分,鼻や唇だけを図として際立たせ,背景を地として,消してしまうと,それはカタチは残るが,何かの象徴のように見えてくる。それは,部分だけをズームアップし,カタチが意味を変えると言ったらいいのか。

色に着目するか,カタチに着目するかの差はあるが,視点を操作することで,対象へのアプローチを変えようとする,描き方の模索といっていい。

ただ,色だけがテーマになることもないし,ズームアップした部分だけがテーマになることはない,

ような気がする(もちろん素人の感想にすぎないが)。

僕には,その操作は,本当に描きたい何かを見つけていくプロセスに見える。

なぜなら,僭越ながら,視点はモノを見る見方に過ぎない。視点を変えるとは,物理的に近づくことがアップになり,ひっくり返すことが,逆さまに見ることになる。裏返すことが,裏から見ることになる。物理的な近接遠近を,頭の中のイマジネーションで,描き出すことができる。

しかしそれはモノとのアプローチ差にすぎない。そこはまだモチーフに過ぎない。描こうとする絵の素材に過ぎない。そのアプローチ差を素材にして,何を描こうとするのか,テーマが明確化して初めてスタートラインに立つ。

どんな象徴するものが面白くても,それはただの実験でしかない。
どんなに色のちりばめ方が面白くても,まだ実験でしかない。

僕には,そのモチーフを生かす,舞台,つまりテーマがまだ見えていないように見える。

テーマというと大袈裟だが,その中に自分が実現したい(顕在化したいというべきか)世界,あるいは人,あるいはモノ,情景等々かもしれない。うまく言えないが,その表現の手段として,ピタリと今のモチーフがはまる世界というべきか,それは振り返ってはたと思い至るようなことかもしれない。

これを実現するためにやっていたんだ,

と。


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm




#視点
#モチーフ
#テーマ
#イマジネーション
#舞台

posted by Toshi at 04:59
"視点"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: