2014年03月19日

奇跡


前回に続いて,先日,日本産業カウンセラー協会・神奈川支部の「ブリーフセラピー・ステップアップコース」(講師;森俊夫先生)の

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388984031.html

第二回目。今回は,「ミラクル・クエスチョン(MQ)」を中心に,その実践バージョン。

ソリューション・フォーカスト・アプローチにおける,ミラクル・クエスチョンは,たとえば,こんなふうに始まる。

「それではちょっと変わった,たぶん耳慣れない質問をしたいと思います。少し想像力を働かせていただけますか」
「ちょっと想像してみてください」
「ここで面接を終えた後,あなたは家へ帰って夜,テレビを見たり,いつもどおりのことをしたりして,そしてその後ベッドに入っておやすみになられますよね」
「そして,あなたがおやすみになっている間に,奇跡が起こります…」
「そして今日ここで,あなたが相談にこられたことが解決するのです。アッと言う間にね…」
「しかしこの奇跡は,あなたがおやすみになっている間におきたので,あなたは奇跡が起きたということはわかりません」
「朝,あなたが目覚めたときに,
 a;あなたに奇跡が起きたことを,どんな風にあなたは気づくのでしょうか?
 b;あなたの一番の友達(あるいは家族)は,あなたに奇跡が起きたのをどのように知るのでしょうか?」

aは,自己視点,bは,他者視点で,相手に応じてどちらかの問いをして,変化を記述してもらうことになる。そして,ここからは,「ビデオトーク」というか,詳細に細部を,具体的に聞いていく。ここが,MQの肝なのである。

ところが,である。

実はお恥ずかしいが,今回初めて気づいたことがある。このMQは,いままでも試みたことがあるが,間違っていたのは,問いをしていくうちに,

起きている奇跡そのものを聞き出そうとしていた,

らしいのである。しかし,今回,改めて再確認したのは,ここで必要なのは,奇跡の,

何が(起きている)か

ではなく,それはクライアント自身にわかっていればいいことで,

既に手に入れた状態,

をこそ,詳細に聞いていくことなのだ。すでに,なりたい,ありたい,

解決状態にある,

そこでどういうふうに生活しているのか,こそが大事な,

手に入れた状態,

なのである。そこで,

何をしているのか(→何ができているのか)
何を感じているのか(→何が感じられているのか)
何を考えているのか(→何が考えられるようになったのか)
何を思っているのか(→何が思えるようになったのか)

という,具体的な状態,それこそが,クライアントが求めてきたことなのではないか。その,

起きてしまった奇跡の中でどう生活しているのか,

こそが,詳らかに,それこそ,微に入り細に渡って,具体化し,具象化しなくてはならない。それこそが,クライアントの手に入れたかったものだからだ。そして,そこで,いますでに,

起きている奇跡,

つまり,「例外」を探していくことになる。それは,すでに,いま,気づかないうちに,

できていること,

手に入れていること,

なっていること,

なのである。これが解決の手掛かりになる。

だから,ミラクル・クエスチョンが,

解決像の構築,

となる所以なのだ。もちろん,ミラクル・クエスチョンのバリエーションは一杯ある。よくあるのは,

自信がない,

というのに,

もし自信がついていたらどうなっている(解決状態)んですか

と問うやり方がシンプルかもしれない。コーチングでもよくやる。あるいは,

理想と言い替えて,

理想が実現したら,

というのもある。未来からの電話や,未来へのタイムマシンや,もう一人の自分への変身や,どこでもドアや,工夫次第で,いまのステージから,一気に手に入れた状態へ誘う,手段の取り方次第,ということになる。

だから,ミラクル・クエスチョンの要素としては,

●起こりえない変化が起きた,という表現であれば,奇跡でも,未来でも,構わない。

●すべての問題が解決されている,というところが鍵。そこで言われていることも,言われていないことも,すべて実現した状態,ということだ。

●それが,いますぐ,即時に,日常生活の中で起きている。

●それにクライアントは気づかず,起きてしまっている。なぜ起きたかは,どうでもいい。

その状態の中で,何ができるか,を詳細にたどることが,クライアントの求めている解決状態の確認になる。

それが求めていた解決状態

なのだから。

参考文献;
テリー・ピショー&イボンヌ・M・ドラン『解決志向アプローチ再入門』(金剛出版)




今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm


posted by Toshi at 05:59
"奇跡"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: