2014年04月11日

切れる


ときどき年甲斐もなく,切れる。

しかし,切れるといっても,感情的に爆発したり,暴力を振るうということではない。癇癪というのでもない。よくあるのは,

理不尽さ,

への怒りである。これは,

許せない,

という思いである。

突発するので,誤解に基づくこともあるかもしれない。逆に火に油を注ぐケースがないでもない。いつだったか,シンガポールを旅行中,日本人が居丈高に何かを言っているのに,

ちゃちゃ

を入れて,そいつらと口論になったことがある。あるいは,ツイッター上で,

放射脳

とかといって,放射能をあざけっている奴を見ると,切れる。で,

茶々

を入れて,いわゆるネトウヨに絡まれたことがある。いつもではないが,ときに,

見て見ぬ振り

ができない。余分なことに介入して,事態をこじらし,火の粉が自分に飛んできたことがある。

理不尽さ,

には,差別やいわれなき権柄ずくというのに対する,反撥というか反感がある。別に正義感と言うほどの大それたものではないから,所詮思いつき,

たまたま,その場に居合わせた,

という類が多い。理屈でも理論でもないから,遺伝子レベルではないか,と思う。父親は柔道をやっていたので,ヤクザだかチンピラだかを投げ飛ばして,返り血を浴びて帰ってきた,という武勇伝の持ち主なので,その血のなすわざでしかない。

多く,特有のシチュエーションがある。

まずは,いわれのない主張,だ。ヘイトスピーチや過去の隠蔽や差別,に絡むことが多い。

ひとを怨まば,穴二つ

ということをいうが,人種差別も同じだ。多く,自分は安全な日本にいて,たぶん暴力的な仕返しを受けないという,

高をくくった,

ところで,差別している。なぜ差別するか,その背景を忖度する気も,興味もないが,本気で差別するなら,差別する相手の国に行って,大声で主張すればいい。それなら,快哉を叫んでもいい。たとえば,アメリカで,

反米広告

を打つ,みたいなことだ(可能かどうかはさておく)。

その度胸も覚悟もなくする輩の,不遜で夜郎自大な差別行為の卑劣さが許せない。

安全なところで,という意味では,匿名で,ツイッターで罵倒する輩も同じだ。まだしも,せいぜい堂々自分の名前を賭して発言する方がまっとうだ。

ツイッターの発言に,(真偽はさておき)

ヘイトデモに出くわした,その国から来た観光客の女性が,座り込んで,泣いていた,

というのがあった。むしろ,恐怖ではないか。想像してみればいい。

外国で,旅行にしろ,滞在にしろ,

ジャップ出ていけ,ジャップ死ね,

というプラカードを持ったのに出くわしたときの恐怖を。自分は,決して安全地帯から出ないで,人を罵る輩に,カッとするのは事実だ。

もうひとつ切れるのは,アホなのに,アホの自覚がなく,性懲りもなく人を非難する奴だ。よほどの性根を据えなくては,人を非難すれば,数倍のつけを背負い込む。

僕も人を非難する方だから,よく分かるが,そのときの拠って立つ拠り所が,あてにならない,正義感などに拠ってい立つと,結果は悲惨になる。そんなものはないからだ。

有るのは,おのれの意志のみだ。

となれば,相手に押されても怯まず押し返す気力と,気概がなくては,とうてい敵いっこない。そこのところがわからない。

そう,これは自分のことを言っている。




今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

posted by Toshi at 06:05
"切れる"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: