2014年11月30日

問題解決


つい,問題解決に走る。

かつて,カウンセリングを学んでいたおり,旦那は,奥さんの話を聞いて,「それはな,」と,つい解決策を口走ってしまい,「人の話を聴かない」と嘆かれる,という逸話を本人から,聞かされた。同じころ,本だったか,話だったかで,入院しているご主人への対応について,毎日毎日,何がしかのクレームを言い,どんな対応をしても文句を言われる,というので,ナースセンターでは,クレーマーとして知られていたご婦人が,あるとき,担当医に,そのことをまくし立てた。ずっと聴いていた担当医は,一言,「奥さんも大変ですね」と,返した瞬間,泣き崩れた,というエピソードも,話を聴く,ということについての基本中の基本なのだと,まあ,さんざん聞かされたはずであった。

しかし,日々の生活は,いやいや仕事自体が,問題解決の連続である。

どう問題解決するかに頭がいっぱいになっている。しかし,その問題解決モードは,カウンセリングでもコーチングでも,いい評価は得ない。ソリューション・フォーカスト・アプローチも,問題解決ではない。

問題解決については,前にも書いたような気がするが,

http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/prod09.htm

さんざん考えた。とくに,最後は,

http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/prod09600.htm

に落ち着いた。要は,

何が問題か,

ではなく,

どうなったら問題解決(目標実現・目標達成)したことになるか,

ということに焦点を当てる,ということに気づいた。そして,もっと大事なことは,

それを解決(実現・達成)することで何を得たいのか,

という目的によって,改めて,

どうなったら解決(実現・達成)したことになるか,

を考える,ということを重視したはずであった。たとえば,

http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/prod06203.htm

で考えたように,

それが手に入ることにどんな意味があるか,

それは人生においてどんな意味があるか,

それを手に入れることはどんな価値があることなのか,

ということに対比して,解決(実現・達成)したいことを,CTI流にいうなら,

大きな主題

の方へ持って行く必要がある,と。

しかし,どうしても,現実場面では,目的対応の現実的な解決状態を意識しがちである。

本当はどうしたいのか,

と問いながら,解決(実現・達成)できるレベルを無意識で模索していたりする。

問題解決を放棄する,

というか,

解決しようとするマインドを手ばなす

という姿勢もあるのかもしれないが,どうもそういうのは,僕の生き方ではない。そういう不自然な姿勢は,窮屈にする。で,思う。それなら,

本当に解決(実現・達成)するというのは,どういうことか,

という,「本当に」という部分を,徹底するというやり方なのではないか。それは,

生き方に叶う

のかもしれないし,

価値そのものに沿う

ことなのかもしれないし,

とりあえず次のステップにつなげるため

なのかもしれない。解決(実現・達成)は,いつも,連続していく。解決したら,それで終わりということには,決してならない。

真のクリエイティブというのは,

問いに答える

ことではなく,

答えられない問いを立てる

ことだとすれば,

どうなったら解決(実現・達成)したことになるのか,

という問いは,その場で簡単に答の出るような

解決状態

ではなく,問い自体を,生きつづけるような,そういう問いであっていい。

どうも簡単に答を出す癖が抜けない。







今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

posted by Toshi at 05:21
"問題解決"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: