2014年12月25日


間(ま)については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163296.html

http://ppnetwork.seesaa.net/article/395727101.html

等々で触れたし,間合いについても,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163431.html

で触れた。しかし,今日(メンター)コーチングを受けていて,最後で,「間」のことに触れて,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/409301615.html

で自分が書いたことを思い出した。

「あれっ,と観客に一瞬戸惑わせる位の長めの間,があってもいい。」

と,主観的には気づけないが,人のことには気づける。自分で長いと思っていても,相手にとっては,そうではないかもしれない。

「間(ま)」は,

自分のためにあるのではなく,相手のためにある,

という当たり前のことに気づいた。

合間,というのは,ニュートラルで,あいた「間」をさす。それが,主体的に意味を持てば,

間合い,

になり,意味がなければ,

隙間

になる。しかし,隙間は,

本来空いているべきでない,「間」が,空いていることだから,

隙,

にもなる。隙間は,あってはならないものだから,詰めるべきものだが,間合いは,その距離に意味がある。

間(ま),

を詰めれば,命取りにもなる。

合間

は,それを意識すると,意味ある,

距離,ないし空白,

となり,意識した側に,アドバンテージがある。だから,意識しなければ,

隙間,

に変わる。しかし,隙間は,間合いにはならない。本来空いていてはいけないというか,詰まっているべきものがあいているのだから。

以上は,俯瞰した位置からものを言っている,しかし人と対話ないし,対しているとき,間合いは,自分のために取る。しかし,それは,結果として,両者のためにある。コーチングやカウンセリングという場において,

間を取る,

のは,自分のペースにしないためだ。相手のペースにするために,取る。それは,相手の息遣いに合わせる,といったペーシングと重なる。

前にも,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163431.html

で書いたことだが,立ち合いで言う,間合いは,

敵をうつ拍子に,一拍子といって,彼我ともに太刀の届くほどの位置を取り,敵の心組みができない前に,自分の身も動かさず,心も動かさず,すばやく一気に打つ拍子である。敵が,太刀を引こう,外そう,打とうなどという心組みが決まらないうちに打つ拍子,これが一拍子である,

と宮本武蔵は言う。いう。武蔵の本を見ると(剣の心得がないので勝手読みだが)意外と間合い外しをやる。

敵よりも素早く,構える間もなく,敵の懐に入り込んで,敵に全身を寄せてしまうという,秋猴の身という技もある。あるいは,敵のまぎわに入り込み,体ごと敵にぶつかる,というのもある。また,相手に身を密着させて離れない,漆膠という身の置き方もある。

こういう間合い崩しは,ふつう腰が引けたり,手だけで接近したりする。その恐怖をかなぐり捨てて,敵に飛び込むというのは,おそらく,相手は想定していない。そういう間合い崩しは,小手先の技とは異なり,全身でぶつかる,というのに近い。

同じ趣旨のことを,宗矩も言っていて,

立ち会うやいなや,一念にかけてきびしく切ってかかり,先の太刀を入れんとかかる,

と,先んじて打ち込むことを言っているが,もう少し踏み込んで,

一太刀打って,打ったぞと思うと,その打ったと思う心がそのままそこに留まる…。打ったところを,心が元に戻らないため,一瞬,心が空白状態になり二の太刀を敵に打たれて,先手を取ったことが無になる,

と。これを,心を返す,という。

心を返すとは,一太刀打ったら,打ったところに心を置かず,すぐに心を戻して敵の気色をみよ,という。

機先を制したと,得意になっていたら,敵は,そのことに敵愾心をもやし,かえって厳しく対応してくる,それが油断である。

病とは,心の留まることをいう。仏法ではこれを執着といって,もっとも嫌う。心が一か所に執着してとどまれば,見るところを見外して,意外な負けをとる。

心は,形のないことは虚空のようであるが,一心はこの身の主人であり,すべてのわざをすることはみな心に源がある。その心が動いてはたらくことは,心の営みである。心の動かないのは空である。空の動くのは心である。空が動いて,心となって手足へ作用する。立ちをにぎった(相手の)拳の動かぬときに素早く打つので,空を打てという…。

いわば,この場合,相手の太刀を捧げた手の動かないところは,心が働いていない,つまり隙である。そこを打て,という。

この間合いを見ていると,自分のペースではなく,相手のペースを見つつ,そのペースを崩そうとしている。自分の執着に囚われれば,相手を見失う。

たぶん,心が何かに固着して動かないから,相手が見えななくなるだろう。

心を返す,

自分の立つ位置に常に戻す,

とは,一見自分の間合いに戻るように見えて,実は,相手の間合い,呼吸を見失わない,ということなのではないか。






今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

posted by Toshi at 04:57
"間"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: