2015年05月16日

仕方がない


「仕方がない」は,多く,

諦め,

の含意がある。語源的には,

「シカタ(手段。方法)+が+ない」

で,どうにもならない,やむを得ない,という意味である。

「理不尽な困難や悲劇に見舞われたり,避けられない事態に直面したりしたさいに,粛々とその状況を受け入れながら発する日本語の慣用句」

という説明がある。同義の表現として,

仕様がない,
やむを得ない,
せんない,
詮方ない,
余儀ない,
是非も無し,
是非も及ばず,

がある。どちらかというと,

他に打つ手がない,
そうする他ない,
避けて通れない,
逃げられない,
不可避の,

という色合いが濃い。「おのずから」そうなっている,という,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/415685379.html

でふれた,無常観にも通じるのかもしれない。しかし,天災や天変地異ではない,人為のことにまで,そういうことで,自分を責任の埒から免れさせようとしている,責任逃れの色がなくもない。

織田信長が本能寺で光秀軍に取り囲まれた際,

「是非も及ばず」

と漏らしたと,『信長公記』にある。この場合はわかる。是非に及びようはない。そういう切迫した事態だとということではなく,

おのれが重用した惟任光秀が,

という意味では,おのれの所業の付けである。

あるいは,昭和天皇が,1975年,訪米から帰国した際に行われた記者会見で,広島市への原子爆弾投下について質問されて,

「遺憾に思っておりますが,こういう戦争中であることですから,どうも,広島市民に対しては気の毒であるが,やむを得ないことと私は思っております」

と答えたのも,過去のことだから,こうしか言いようはないのかもしれない。しかし,そういうことで,ご自身が開戦の詔を発したということについては,口を閉ざしている,という意味では,免罪符になっている,とも言える。

もっと言えば,まだ起きていなない,あるいは起きつつある,まさにその瞬間に,

仕方ない,

と言うのは,いかがであろうか。ここにもまた,自分たちの力ではどうしようもないのだから,どうしようもない,まさに,

長いものに巻かれろ,

式の諦観,というよりは,責任放棄である。

「しかた」は,

「サ変の連用形,シ(為)+方」

やり方,手段である。「仕方」は,だから,

なすべき方法,やりかた,
ふるまい,
(仕形とも書く)てまね,

という意味が載る。

まだ,いま,手は打てる,打てるのに,何もしない楽の方に,

いまだけ,
金だけ,
自分だけ,

の刹那の中に,逃げてしまうのは,後になって,

やむを得なかったね,

というのと同じである。敗戦の焼け野原で,

仕方ない,

と思えたから,いま生きている。いま命をつないでいる。しかし,

仕方ない,

と言えないまま,野面に,海に,山に,屍をさらした人は,その言葉をつぶやくことさえない。いま,その瀬戸際にある。おのれや,おのれの子が,そうなることを想定しなくてはならない。自分の子が,屍をさらすのを,

仕方がない,

などとつぶやくようでは,人間をやめた方がいい,かも。







今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
posted by Toshi at 04:45
"仕方がない"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: