2015年07月12日

穀潰し


ごくつぶしとは,

穀潰し

と当て,

定職もなくぶらぶらと遊び暮らす者。無為徒食の者をののしっていう語。五穀潰し。

という意味である。しかし,語源は,

「穀(米穀)+潰し(食べる)」

で,飯を一人前に食べるが,ぶらぶらと働かないものを罵る言葉,

である。

国の借金が膨らみ続けているのに,平然と,

http://lite-ra.com/2015/07/post-1259.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss&utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed

と,2520億円の散財を意思決定する,こういうのも,穀潰しである。穀潰しどころではない,一人前どころか,2520億円あれば,

日産スタジアム×4
被災地の鉄道が半額で復旧可
肺炎の治療薬が112億人の子に

等々,巨大なことができる。それを捨ててまでするべきことかどうかのまっとうな判断ができていない。

一年前に,ある方が実名で書かれたFB記事に,

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=719538388105516&set=a.417886121604079.73054558.100001480848971

と,ある。安倍政権ときわめて近い「政財界の大物」(JR東海の葛西名誉会長の発言として,つとに有名だから)は,

「そろそろどこかで戦争でも起きてくれないことには、日本経済も立ちゆかなくなってきますなあ。さすがに日本の国土でどんぱちやられたのではたまらないから、私はインドあたりで戦争が起きてくれれば、我が国としては一番有り難い展開になると思ってますよ。」

これが,集団的自衛権行使容認の閣議決定から始まって,武器輸出三原則を撤廃し,武器の輸出推進政策に転じ,国内軍需産業を強化・育成するための「防衛生産・技術基盤戦略」なるものも決めた。まさに,軍需産業強化の路線である。それは,既に,産業界レベルから,戦後の民需中心の産業基盤を本質的に変換しようという流れそのものにつながる。

さすが国鉄(日本国有鉄道)生え抜きの人間の考えることだ。こういうのを,

穀潰し,

という。戦後,営々と培ってきた日本の経済構造をそのように本格的に転換すれば,

戦争なしでは成り立たない経済構造,

に変る。いや,アメリカの軍産複合体がそうであるように,

戦争そのものが市場であり,戦争を意図して引き起こそうとさえする,

構造へと変質させようとするものではないのか。因みに,軍産複合体(military-industrial complex)とは,

「戦争から経済的利益を得る政治的・経済的集団,特に戦争に迎合する産業にかかわっている集団のこと。アメリカにおける国防総省 (ペンタゴン) を中心とする軍部と巨大な軍需産業群との癒着した関係や相互依存体制をさす場合が多い。」

とのこと。ロッキード社、ボーイング社、レイセオン社といった巨大兵器メーカーと伍していくつもりなのであろうか,あるいは,旅客機製造に部品メーカーとして参加するように,その傘下として加わるのであろうか。

http://inri.client.jp/hexagon/floorA2F/a2f1202.html

によると,

「陸・海・空・海兵隊・予備を含めて350万人以上の人間を擁し、あらゆる近代兵器を持ったアメリカ軍部は、そのメカニズムと力において他に類を見ない組織である。しかもその軍は、2万以上の企業と組んで、巨大な「軍産複合体」(MIC)を形成している。」

軍産複合体の根幹を成しているのが「ウォー・エコノミー(戦争経済)」であるといわれる。だから,ディロン・リード社のジェイムス・フォレスタルやジェネラル・エレクトリック社のチャールス・ウィルソンなどは,

「アメリカが必要としているのは、永久的な“戦争経済”である。」

と言い切っている,とされる。

それが,財界というか日本の企業人の総意なら,日本は,企業としての自助努力を捨てて,国頼みの企業になり代わろうとしていることを意味する。それは,

国が,アメリカとともに戦争すること,

に依存する,と言い換えてもいい。そのために,自分たちトップが血を流すのではない。少子化で,数の減っている若者たちを,おのれがすべき企業努力の代わりに,金を生む人身御供として,戦場へ送ろうというのか。

まったく,戦前の日中戦争へと突入していくことと重なる。不況も,業績不振も,自助努力で打破しようとせず,国に頼る,しかも,若者の血の代償によって生き残ろうとする,そんな企業に,存在価値があるのか。

『大言海』に,穀潰しを,

「米を,徒に,食ひ減らすのみなる,意」

として,こうある。

「労することなく,世に益することなくして,徒に生活する人を罵る語」

と。おのれが経営者として労することなく,ただ徒食三昧しておきながら,行き詰まると,国にすがって,戦争をおっぱじめ,利益を得ようとする,そんな経営者を,

穀潰し,

と言わずして,何と言うのか。

参考文献;
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)






今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
posted by Toshi at 04:57
"穀潰し"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: