2015年10月04日

その場


そ(其)の場とは,辞書(『広辞苑』)には,

ある物事があったところ,その場面,
その席上,即座,

という意味が載っていて,

その場限り(その場だけで後に関係のないこと),
その場ぎり(仝上),
その場凌ぎ(その場を取り繕って切り抜けること),
その場逃れ(その場限りの取り繕い,一時遁れ),

等々,総じて,糊塗,言い抜け,間に合わせ,誤魔化し,と言った,あまりいい意味で使われていない。

「将来的なことを考えずに、その時だけをうまく切り抜けるために何かを行うことにいう。『逃れ』と『しのぎ(=耐えること)』の相違があるが、実際には、かなり近い意味で用いられる。」

という説明があった。

その場をかわす,逃げ出すため,という心理(という受身)
か,
その場を「言い抜ける」「切り抜ける」「捌く」という心理(という積極的)
か,

の違いはあっても,その場でことに向き合うためではなく,その場でごまかそうとしていることに変りはなく,本人にとっては,結構大違いかもしれないが,その場に立ち会っている相手方からすれば,どっちだって変らず,その場をテキトーにごまかそうとしているのに違いはない。

似た言葉に,

当座逃れ,
当座しのぎ,
一時逃れ,
一時しのぎ,
一寸延ばし
一寸逃れ

というのがあり,

その場,
当座,
一時,
一寸,

と使い訳はあっても,結局,肝心要の,

その場,

を逃げることしか考えていない,ということなのだろう。だから,「一時」いやいや「一寸」,つまり,そのいっとき,一瞬,だけを切り抜けようとする,と見えるのだろう。「当座」は,「その場」が,より限定されている。

居合わせている座,その場,その席上,
その場ですぐ,即座,即刻,

という意味で,確か,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/409638012.html

にあったと思うが,嘘を見抜くには,相手の予行演習を崩す,その場で即答させるのが効く,とあったと思う。だから,相手に余裕であしらう暇を与えないと,本音が露呈せざるを得ない,

その場,

をつくることが必要なのだろう。「場」については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/400626564.html

でも触れたが,「場」という字は,

昜(よう)は,「日+T(高く上がる印)+彡(さん 飾りや模様をあらわす記号 影・彩・形などに使われる)」で,太陽が彩美しく昇るさま。「土」を加えて,日光のあたる高めの開けた地」

を指す。だから,漢字の「場」は,

広く開けた地,
平面より一段高く開けた地,
人の集まる広いところ,

を指すが,わが国では,

その物事が行われている所,時間,場合,

を限定する。だから,芝居の「場」という使い方につながる。その意味では,

「その場」

には,肝心要の,大事な,

そのとき,その場,

というニュアンスがある気がする。大袈裟に言えば,

そこで,どうそれに立ち向かうか,どういう対処をするか,

で,その人そのものの在りようが問われるような,

正念場,

というか,

切所,

なのではないか。だから,

「あとのことは考えずに、その場だけをとりつくろうこと。また、そうした態度・口実。一時しのぎ。」

と何とか取り繕う,と本人が思っているのと,周囲が見ている眼とは違っている。

間に合わせ,
応急処置,

ですむことと済まないことがある。








ホームページ;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/index.htm


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
posted by Toshi at 05:32
"その場"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: