2016年12月19日

乃公


乃公は,

だいこう,
あるいは(呉音訓みで),
ないこう,

と訓む。昨今は,あまり使われない。『広辞苑』には,

「汝の君主の意」

として,

わが輩,おれさま,

といった意味で,男性が,

自分自身を尊大にいう言葉,

らしい。つまり,相手に対して,

「乃(=汝、お前)」の「公(=主君)」

と位置関係を設定して,上から目線で言う言葉らしい。

乃公出でずんば蒼生を如何せん,

といった使い方をする。

「このおれさまが出ないで,他の誰ができるものか」

という意味である。相当に背負った言い方である。「蒼生」は人民の意なので,

「この自分が出馬して行動しなければ、世の人民はどうなるであろうか。世に出ようとする者の気負いを表す言葉」

であるらしい(『大辞林』)。『大言海』は,「だいこう」の項に,乃公の他に,

逎公,
而公,

も当てている。そして,

「漢の高宗の自称に基づく。逎,而は,乃に同じ。」

とある。そして,『史記』の「留侯世家」の注に,

「乃公,高祖自称也」

とあることを引用している。

つまり,逎も而も,「汝」という意味ということになる。「汝」は,『広辞苑』には,

「ナムチの転」

とあり,

同等以下の相手を指す語,

つまり,お前,そち,という意味になる。「なむち(汝)」は,

「ナ(吾)にムチ(貴)のついた語」

とある。『語源辞典』には,

「『な(汝)+ムチ(貴)』の音韻変化です。なんぢ,が古語の仮名遣いです。本来は尊称の対称です。」

とあり,『大言海』には,

「元は,ナの一音ナリ。ムチは,貴の義なりと云ふ。キムヂなど云フモ,キは君なり」

とある。そして,尊族(めうえ)に対していた,

なれ,いまし,みまし,おんみ,きみ,あなた,

という意味が,卑族(めした)に対する,

わぬし,おまへ,そなた,そち,

という意味に転じたとする。『古語辞典』は,「なむぢ(汝)」の項で,

「ナは古い一人称代名詞。ムヂは奈良時代には清音のムチで,スメムツカムロキなどのムツとと同根。貴く,むつましく思う対称。したがって,ナムチは,我が貴くむつましい人の意が原義。後に,相手を対等に,または低く見て使う語。ナムヂは漢文訓読系で用いる語で,平安女流文学系では男子が用いる。」

とある。こうした二人称の尊称から,対等,目下への使い方の変化については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/442523895.html

で触れた。

念のため,「乃公」の「乃」の字に当たると,指事文字で,

「耳たぶのようにぐにゃりと曲がったさまを示す。朶(ダ だらりとたれる),仍(ジョウ 仍やわらかくてなずむ)の音符となる。また,さっぱりと割り切れない気持ちをあらわす。接続詞に転用され,逎とも書く。」

とある。

http://xn--i6q76ommckzzzfez63ccihj7o.com/honbun/zoukan-4735.html

によると,

「弓の弦をはずした形と思われる。弦を張らずに、そのままおくことをいう。」

とあり,

乃父(だいふ)

という言い方があり,

父が子に対して自分のことをいう語,
他人の父。また、一般に父,

という意味になる。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

今日のアイデア;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/idea00.htm
posted by Toshi at 05:34
"乃公"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: