2017年02月05日

ほのか


「ほのか」は,

仄か,
側か,

と当てて,

はっきりと見わけたり,聞きわけたりできないさま,
光・色・香りなどがわずかに感じられるさま,ほんのり,うっすら,
ぼんやりと認識するさま,かすか,
ほんの少し,わずか,ちょっと,

といった意味がある(『広辞苑』)。微かに知覚できる,という状態表現が,五感,認識,意識へと広がり,量や程度が少し,という意味に汎化していったという感じである。

『古語辞典』には,

「光・色・音・様子などが,うっすらとわずかに現れるさま。その背後に,大きな,厚い,濃い確かなものの存在が感じられる場合にいう。類義語カスカは,今にも消え入りそうで,あるかないかのさま」

とある。

『大言海』には,「ほのかに」の項で,

「おほのかにの略。聞くに風,聞見に仄の義」

とある。手元の『語源辞典』には,

「ホノ(ちょっと・少し)+カ(接頭語)」

で,

「実体がありながら,その一部が弱く,薄く,わずかに見える状態」

とある。「おほのかに」は,『古語辞典』には,

おおげさ,大規模,

の意しか載らないが,『大言海』には,「おほのかに」について,

「名義抄に『訥,オオノク,オソシ,ニブシ』(字類抄に『訥,おほめく』)と云ふ動詞あり,オホノクの未然形オホノカを,副詞に用ゐること,オホドクの,オホドカニと用ゐらるるに同じかるべし」

として,「オホドカニに同じ」とある。「おほどかに」を見ると,

「オホドクの未然形オホドカを,副詞にしたる語,オホノク,オホノカニ。さはやぐ,さはやかに,やはらぐ,やはらかに」

として,

「人の性の,寛(ゆるやか)に静なる状に云ふ語」

とある。しかし,意味が違いすぎないだろうか。ここから,「ほのか」の意に転ずる梯子がない。

別に,『古語辞典』には載らないが,『大言海』の「ほのかに」の前に,

「ほの」

という項があり,

「仄かに,幽かに」

の意味が載り,『万葉集』の,

「な立ちそと,いさむるをとめ,髣髴(ほの)ききて,我にぞきたる」

や,『源氏物語』の,

「火はホノ暗に見給へば」
「をちかへり,えぞ忍ばれぬ,ほととぎす,ホノカたらひし,やどの垣根に」
「なをしたには,ホノすきたるすぢの心を」

等々の用例を引く。語源説には,『大言海』の,

オホノカの略,

という以外に,

オホロカ(不明所)の義(『言元梯』),
ホノカ(火香)の義(『和訓栞』『柴門和語類集』),
ヒノコリアエケ(火残肖気)の義,またホニホヒヤカ(火匂肖気)の義(『日本語原学』),
ホノホ(炎)を活用したもの(『俚諺集覧』),
ホノカ(火影)の義(『和語私臆鈔』),
ホドロとも関わるか(『時代別国語大辞典』),

等々の諸説があるが,「ほ(火)」に関わるものが多い。

因みに,「ほのほ(炎)」は,

「火の穂」

で,『日本語の語源』には,

「ヒ(火)をホと発音する例は多い。ホナカ(火中)・ほのほ(火の穂,炎)・ホカゲ(火影)など。ほてる(火照)虫の省略形のホテルがホタル(蛍)になった。」

とある。「ほのか」が,

ホノカ(火香)の義,
ホノホ(炎)を活用したもの,
ホノカ(火影),

と,「ほ(火)」とかかわりが深そうなのは気になる。「ほ(火)」の語源は,

ヒ(火)に通ず(『名語記』『和訓栞』),
ヒ(火)の中国音から(『外来語辞典』),
火の穂の義(『国語本義』),

等々で,

「キ(木)に対して,複合語に現れる『コ』く(木立ち,木の葉)と並行的な関係にある」

とある。

hi→ho,

という音韻変化,というわけである。

「ほの+か」,

の,「ほの」は,

ほのほ,

の「ほ」なのではあるまいか。まさに,火という揺らめく「ほのほ」なのではないか。

因みに,「ほのか」は,擬態語の「ほのぼの」「ほんのり」と,同語源らしく,

「ほんのり」

は,『大言海』は,

「ホノの延」

とあり,『語源辞典』には,

「ホノ+リ」

で,

「ホノカナリの語幹,ホノにリがか加わわり,音韻変化で撥音化して,『ホ+n+ノ+リ』となったもの」

とある。「ほのぼの」は,

「ホノカのホノの繰り返し」

で,

ほんのりと,幽かに暖かみのある,

意とある。やはり,「ホ(火)」に通じる気がする。

参考文献;
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
田井信之『日本語の語源』(角川書店)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

今日のアイデア;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/idea00.htm
posted by Toshi at 05:34
"ほのか"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: