2020年06月07日

もたもた


「もじもじ」「うじうじ」「いじいじ」(共に、http://ppnetwork.seesaa.net/article/475419164.htmlで触れた)が、心理状態を表す擬態語だとすれば、「ぐずぐず」http://ppnetwork.seesaa.net/article/475438824.html「のろのろ」「もたもた」「もごもご」は、その行動・態度の、のろさ具合を指し、価値表現がより際立っている。「ぐずぐず」は触れたので、「のろのろ」「もたもた」「もごもご」などについて触れていく。

「もたもた」は、

処理にまごついたり行動が機敏でなかったりするさま、
物事が順調に進まないさま、

の意で、

もたもたするな、
交渉がもたもたと長引く、

といった使い方をするのが、今日では、普通である。アクセントは、

もたもた、

で、

もたもた、

では、滞っている意になる(擬音語・擬態語辞典)、とある。

ただ、大言海には、「もたもたと」の項で、

胸につかえて、吐気を催す状などに云ふ語、

とある。これについては、他に言及がないので、判断がしかねるが、或いは、原意は、これだったのかもしれないと思わせるのは、「もたもた」は、

もたつく、

の「もた」と関係のある語(擬音語・擬態語辞典)、とあるからである。大言海は、「もたつく」に、

むかつく、

と同義とし、

吐気を催す、

意としているので、「もたもた」の「もた」を、

むかつく、

の「むか」の転訛とみなしている可能性がある。あるいは、今日の「もたもた」とは別語の可能性があるが。

江戸語大辞典は、「もたつく」を、

いちゃつく、

と同義で、

男女がもつれあってふざける、

意としている。広辞苑は、「もたつく」を、

すらすらとはかどらない、

意とともに、

男女がいちゃつく、

意も載せているので、江戸時代にその意で使われていたことは確かである。ただ、「もたつく」は、

もたもた+つく、

で、擬態語「もたもた」の動詞化のようなので、語の先後は、「もたもた」が先のようである。

江戸時代、「もたもた」同義で、

とちとち、

が、

まごまごする、
うろたえる、

意で使われている(江戸語大辞典)ので、「もたもた」が行動面の鈍くささを言い表しているとすると、

とちとち、

は、その心理状態の、

まごついているさま、
うろたえているさま、

の方に意味が少しシフトしている気がする。

行動のろさを指す、「もたもた」似た言葉に、

のろのろ、

がある。「のろのろ」は、

鈍鈍(広辞苑)、
遅遅(大言海)、

等々と当て、やはり、

動作や物事の進行が非常にゆっくりしているさま、

の意で、

のろのろした動作、
のろのろと立ち上がる、

等々と使う。

のろっ、
のろり、

等々とも使う。

のろりのろり、

といった使い方をする「のろり」自体は、

動作や物事の状態が、あわただしくなく、気の長い様子、

の意(擬音語・擬態語辞典)で、この言葉も、

のろっ、

も、状態表現であって、「のろのろ」にある、貶める価値表現はない。

のろりのろり、

と重ねると、少し価値表現の入った、マイナスの含意がある。「のろり」「のろっ」「のろのろ」は、

ふらり、

といった飄逸さがある。あるいは、逆にそれ自体を評価した

のんびり、

といった価値表現ともつながる含意がある。そのためか「のろり」には、江戸時代、

異性に甘い、

という意味もあり、そこから、

のろける(惚気る)、

が派生している。

うつかりしてゐて、おめへの艶情(のろけ)を受けるやつサ、いつの間にか惚意(のろく)なってゐるの、

と使われている(人情本「春色梅児誉美」)。しかし動詞化された、

のろい(鈍い)、

は、

鈍い、遅い、
手ぬるい、
女に甘い、

の意で、その語源を見ると、

ヌルシの転(大言海・ねざめのすさび)、

とみなされ、

仕事が手緩い、

の意(日本語源広辞典)の、

ヌルシ→ノロシ、

と見られる。「ぬるし(温し)」は、

ぬるぬる、

の「ぬる」と同根(岩波古語辞典)、

生温かい、

意から、それをメタファに、

鋭さが足りない、にぶい、のんびりしている、
いい加減でおろそか、

へと転じ、「ぬるぬる」は、

生温かい、

意と同時に、

動きや反応が鈍い、

意があるので、「のろのろ」は、

ぬるぬる→のろのろ、

の転訛とも考えられる。「のろのろ」の「のろ」のマイナスイメージから、

のろつく、

と動詞化されたり、

のろつく(つくは接尾語、どんつくの「つく」と同じ)、
のろ助、
のろ作、

と擬人化されたり、

のろっ臭い、
のろっ濃い、
のろくさい、

等々と形容詞化されたりして使われ(江戸語大辞典)、今日にも生き残っている言い回しがある。

「もごもご」は、「もたもた」の動作が、しゃべり方に特定された表現とみることができる。

口をはっきり開けないで物を噛む、

さまの状態表現であるが、それをメタファに、

口を十分開けずに物を言い、音声が口の中にこもっているさま、

の意で使う。

口を動かさないので、言葉が口の奥にこもってしまい、明瞭に聞き取れない話し方、

であり、聴く側にとって、

じれったさ、

を感じさせる(擬音語・擬態語辞典)。その意味で「もたもた」のしゃべり方版である。あるいは、咀嚼するさまの意の、

もぐもぐ、

の転訛と思われる。「もぐもぐ」自体に、

口を開かないので、言葉が口の中にこもっているさま、

の意がある。

もぐもぐ→もごもご、

の他に、今は使われなくなっているが、

もがもが、

という言い方もあった(擬音語・擬態語辞典)。

もぐもぐ→もがもが→もごもご、

と転訛したのかもしれない。

参考文献;
大槻文彦『大言海』(冨山房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
山口仲美編『擬音語・擬態語辞典』(講談社学術文庫)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 03:21
"もたもた"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: