2020年07月18日

あさつき


「あさつき」は、

浅葱、
糸葱、

と当てる(広辞苑)。

ユリ科の多年草、ネギ類で最も細い、ユーラシア大陸原産。各地に自生するが、野菜として栽培、葉とラッキョウに似た鱗茎を食用にする。春先の葉は美味、

とある(仝上)。ただ、

ヒガンバナ科ネギ属、

ともあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%84%E3%82%AD

センボンワケギ、
センブギ、
イトネギ、
ヒメエゾネギ、

とも言い(仝上・広辞苑)、漢名は、

蒜葱、

とある(仝上)。「葱」(漢音ソウ、呉音ス)は、

会意兼形声。「艸+音符怱(ソウ 縦にとおる、つつぬけ)」、

とあり、「ねぎ」の意である。和名抄には、

島蒜 阿佐豆木(あさつき)、

とあり(岩波古語辞典)、和漢三才図絵には、

胡葱(あさつき) 臭気浅于(より)餘葱、故名浅葱、津者仮名之助辞也、

葱・にんにく・ノビルなどを総称して蒜(ひる)とよぶが、このヒルに対してアサとしゃれた、

という説があるが、「浅」は、「浅茅焼」http://ppnetwork.seesaa.net/article/476358947.html?1594926560で触れたように、

深しの対、

であり(岩波古語辞典)、

アス(褪)と同根。深さが少ない、薄い、低いの意、

である(岩波古語辞典)。だから、「浅葱」の語源としては、

根深とよばれる種類の葱に対して根が浅いから(物類称呼)、
他の葱に比べて臭気が浅いから(大言海・日本語源広辞典・和訓栞)、
根にラッキョウに似た鱗茎ができるが、これが浅いところにできるから(浅玉茎の意 日本語原学=林甕臣)、
アサは痩せと通じるから、痩せたキ(葱)(日本釈名・滑稽雑談)、
浅之葱(あさつき)の義(大言海)

といった「浅い」の意味に関わる説(たべもの語源辞典)が多い、

島蒜と書いて、朝鮮語でアサツキと訓む(東雅)、

という説もあるが、「ねぎ」は、古名、

き、

と呼んだ。

アサ(浅)+ツ+キ(葱)で、ツは連体修飾を表す助詞と考えるのが妥当(日本語源大辞典)、

なのではないか。

アサツキの葉.jpg


「浅葱」は、

あさぎ、

とも訓ます。

緑かかった薄い藍色、
薄青、

である。「あさつき」と呼んだのは、

浅葱色(あさぎいろ)のように、葱の色が葉の緑よりも色が浅いから、浅つ葱(き)、

という意味もある(たべもの語源辞典)、としている。

また、「浅葱」は、

麦葱、

と当てて、

あさつき、

と訓ませる(仝上)。また、「浅葱」は、

千本分葱(せんぼんわけぎ)、

と当て、「千本」を、

ちもと、

と訓み、

せんぶぎ、

ともいう(仝上)。ただ、「分葱」(わけぎ)は、タマネギに似た球根性多年草であり、

ワケネギ(分け葱)、

とは別で、

ネギとタマネギの雑種または独立種として分類される、

とあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B1%E3%82%AE

わけぎ.jpg


参考文献;
清水桂一『たべもの語源辞典』(東京堂出版)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』(小学館)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:04
"あさつき"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: