2020年11月23日

けし


「けし」は、

異し、
怪し、

等々と当てる。「けしからん」http://ppnetwork.seesaa.net/article/452101005.htmlで触れたことがあるが、

普段と異なった状態、または、それに対して不審に思う感じを表す、

とあり(広辞苑)、

いつもと違う、普段と違って宜しくない。別人に事情をもつ、病気が悪いなどの場合に使う(万葉集「はろばろに思はゆるかもしかれどもけしき心を我が思はなくに」)、
劣っている、悪い(源氏「心もけしうはおはせじ」)、
不美人だ(源氏「よき人を多く見給ふ御目にだにけしうはあらずと…思さるれば」)、
(連用形「けしう」の形で副詞的に)ひどく(かげろふ「けしうつつましき事なれど」)、

等々といった意味が載り(岩波古語辞典)、

け(異)の形容詞形。平安女流文学では,「けしうはあらず」「けしからず」など否定の形で使うことが多い(仝上),
異(ケ)を活用せしむ、奇(く)しと通ず(大言海)、

とあり、「異(け)」には、

奇(く)し,異(け)しの語根(大言海)、

とあり、別に、

怪、

と当てる「怪(け)」も載り、

怪(カイ)の呉音とするは常説なれど、異(ケ)の義にて、異常のいならむ、

ともある(大言海)。

怪し、

奇し、

とは、どちらから転訛したかは別として、意味の上からは、重なるようである。

当てている漢字からみるなら、「異」(イ)は、

会意。「おおきなざる、または頭+両手を出したからだ」で、一本の手のほか、もう一本の別の手をそえて物を持つさま。同一ではなく、別にもう一つとの意、

とある(漢字源)。

異は同の反。物の彼と此と違うなり、

とあり(字源)、「ことなる」意であり、だから、「怪しい」「奇し」「めずらしい」という意になっていく。

「怪」(漢音カイ、呉音ケ)は、

会意兼形声。圣は「又(て)+土」からなり、手で丸めた土のかたまりのこと。塊(カイ)と同じ。怪は、それを音符とし、心をそえた字で、まるい頭をして突出した異様な感じを与える物のこと、

とあり(漢字源)、「ふしぎなこと」「あやしげなもの」といった意味を持つ。

「奇」(漢音キ、呉音ギ・キ)は、

会意兼形声。可の原字は┓印で、くっきりと屈曲したさま。奇は「大(大の字の形に立った人)+音符可」で、人のからだが屈曲してかどばり、平均を欠いて目立つさま。またかたよる意を含む、

とあり(仝上)、「めずらしい」「あやしい」という意味を持ち、当てている感じも、意味が重なる。

「けし」の大きな意味の変化は、

上代では「古事記」や「万葉集」に連体形のケシキがみられる。中古になると連用形のケシクとその音便形ケシウが、

あるべき状態と異なっているさま、よくないさま、

という状態表現の意から、

変わっていることに対して不審に思うさま、あやしい、

という主体の感情、価値表現の意で使われることが多くなり、「ケシウ」は、

程度がはなはだしいさま、

の意で、「けしうはあらず」「けしうはあらじ」の形で、

打消しを伴い、「たいしてよくない」「たいして悪くない」「格別のことはない」の意味で使用されることが多くなる。さらに、「けし」を否定した形の「けしからず」が意味的には肯定に使われることが多くなり、副詞的な使用は、

けしからず、

が、

けし、

にとってかわった(日本語源大辞典)、とある。

「けしからず」http://ppnetwork.seesaa.net/article/452101005.htmlが、

打消しの助動詞ズが加わって,ケシの,普通と異なった状態であるという意味の強調された語、

となり、「けし」は、それを否定した「けしからん」と,ほぼ同じ意味になる。

「あやし」http://ppnetwork.seesaa.net/article/469274125.htmlで触れたように、「あやし」が,

不思議なものに対して,心をひかれ,思わず感嘆の声を立てたという気持ちを言う、

という原義(広辞苑)が,

霊妙である,神秘的である。根普通でなくひきつけられる,

不思議である,

常と異なる,めずらしい,

いぶかしい,疑わしい,変だ,

見慣れない,物珍しい,

異常だ,程度が甚だしい,

あるべきでない,けしからん,

不安だ,気懸りだ,

確実かどうかはっきりしない,

ただならぬ様子だ,悪くなりそうな状況だ,

(貴人・都人からみて,不思議な,或可きでもない姿をしている意)賤しい,

みすぼらしい,粗末である,

見苦しい,

等々といった意味を変えていったように、「けし」も、

在るべき状態と異なっている,異様である、

よくないさま,けしからん、

解せない、

変っていることに対して不審に思うさま,怪しげだ,

怪しいまでに甚だしいさま,ひどい,

と意味を変じて言ったということになる。

参考文献;
前田富祺編『日本語源大辞典』(小学館)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:47
"けし"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: