2021年06月08日

そびえる


「そびえる」は、

聳える、

と当てる。文語は、

聳ゆ、

である。

山などが高くたつ、

つまり、

そそり立つ、

意であるが、それの派生で、

身の丈がすらりとしている、

意でも使う。

「そびゆ」の「ソビ」は、

ソバ(稜)と同根、

とある(岩波古語辞典)。「そばだつ」http://ppnetwork.seesaa.net/article/481874947.html?1623004913で触れたように、「そば」は、

稜、
傍、
側、

等々と当て、

ソハ(岨)と同根、

とあり、「そは」は、

山の切り立った斜面、

を意味し、そのため「そば」は、

原義は斜面の義、また、鋭角をなしているかど、斜めの方向の意。日本人は水平または垂直を好み、斜めは好まなかったので、斜めの位置、尖ったかどの場所の意はやがて、はずれ・すみっこの意に転じ、さらに、すこしばかりのものなどを指すようになった。またはずれ所の意から、物の脇・物の近くの意を生じた。ソバ(蕎麦)、そびゆ(聳)も同根、

とある(仝上)。「そび」を使う言葉には、「聳える」意の、

そび(聳)く、

という動詞があるが、平安末期の『名義抄』には、

聳、ソビク・タナビク、

とあり、

黒くも空にそびきて(今昔物語)、

と、

雲などがたなびく、

意でも使った(仝上)。

その他に、「聳える状に云ふ」

そび(聳)け、

がある。平安後期の『字鏡』に、

聳、曾比介、

と載る(大言海)。また、

肩をそびやかす、

という「そび(聳)やかす」は、

聳えるようにする、

という意だが(広辞苑・大言海)、

背たけなどがすらりと伸びている、

という意の、

そび(聳)やく、

の他動詞形と思われる(岩波古語辞典)。

それを副詞的に使う、

そび(聳)やかに、

という、

聳え、のびやかなる状、

に使う言葉もある(大言海)。

こうみると、「そびえる」は、

「そびく」、「そびやか」と同根(角川古語大辞典)、

とともに、

ソバ(稜)と同根、

と、

そばだつ、

とも、

そば(蕎麦)、

ともつながる。

「聳」 漢字②.gif


「聳」(漢音ショウ、呉音シュ・シュウ)は、

会意兼形声。從(ショウ・ジュウ)は、縦に細長いこと。聳は、「耳+音符從」で、頭にくっついた耳たぶをたてに細長くたてること、

とあり(漢字源)、「聳立(ショウリツ)」と、そばだてる意だが、「聳耳」というように、耳を聳つの意でも使うのが、おもしろい。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』(小学館)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 03:46
"そびえる"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: